2017年08月01日

フランシス・ハ(Frances Ha)

今日は、

『フランシス・ハ』
(Frances Ha/2012年)


です。


「Greenberg」のノア・バームバック監督
つながりで見ました。

「イカとクジラ」は配信されてなかったので、
とりあえずこちらから。。。


悪くなかったけど、
特に好きってわけではなかったかなー。


わたし的に、白黒がいまいち
しっくり来なかったんですよね。。

思いっきりスマホとかパソコン使ってるのに
白黒映像って、
時代のギャップを感じてしまって
何となく違和感が。。。

わざとノスタルジックな印象を
抱かせようとしてる感が見え見えで、
すんなり受け入れられなかったです。
(ひねくれてる 笑)


あと、監督のインタビューでは(こちら
ソフィー役のミッキー・サムナーは
グレタと親密さが出てたって言ってたけど、
わたし的には伝わってこなくて。。


「Ahoy sexy!」っていうのも、
一緒に住んで毎日会ってるのに
外で会う時あんなに叫んで
激しく抱き合うって、
大げさすぎて逆に違和感。
(ひねくれてる 笑)


ちなみに彼女、
スティングの娘なんですねー


そして、フランシスの両親が
ほんとの両親ていうのは面白かったです。


ちなみに音楽は良かったです。

最近デヴィッド・ボウイを
ヘビーローテーションで聴いていたので、
流れて来た時は「お!」と思いました。


あと、変にドロドロした恋愛が
なかったのも良かったです。


同じくらいの年齢の時に見たら
きっともっと共感出来たんだろうな。

30歳を目前に
うまく社会の波に乗り切れない
モヤモヤ感がとても伝わってきます。

(40歳の今でも社会の波に乗り切れなくて
モヤモヤしてるけど 笑)

お金無いのに思い切って決めたのに、
何もかも擦れ違いでうまく行かなかったパリ旅行に
見事に象徴されてますね。


ところで、、、
「モダンダンス」っていうのが
全然分からなくて
完全にシロウト目線ですが、、、

フランシスのダンスの上手さが分からず、
あれくらいわたしでも出来る!
と思っちゃいました💦

ああいうものなのかな・・・??


そして肝心のタイトル。

これは良かったです!
最後に理由が分かってスッキリ!

今はまだ「ハ」だけど、
これからどんどん成長して
立派に「ハラデイ」になってもらいたいですね。


posted by Nyankichi at 19:00| Comment(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

なんだかおかしな物語(It's Kind of a Funny Story)

今日は、

『なんだかおかしな物語』
(It's Kind of a Funny Story/2010年)




です。

これ、良かったです!!


精神科病棟が舞台の話というので
暗くて重いのかなーと思ったら、
笑いもあるし、ほんわかもするし、
前向きにもなれるし、
全然思っていたのと違いました!


ザック・ガリフィアナキスは、
ジャック・ブラックとカブってしまって
わたし的にイマイチだったのですが、
今回は役にすごくハマってて良かったです!

最初出て来た時、
「医者役!?何か違和感!!」と思ったら、
違いました(笑)

あと、ノエルを誘う練習のところは
思わず笑ってしまいました(笑)

しかも、練習内容全然生かせてなかったし(笑)

あの寝グセ具合と言い、
可愛くて憎めないキャラですね。


気になったのは、娘が可愛いすぎ!



自殺願望のある子が
たった5日間で前向きになれちゃうとか、
患者にちょうど良くあんな可愛い
同世代の女の子がいて
付き合っちゃうとか、
絶対部屋を出なかった人が
部屋を出てきてノリノリで踊っちゃうとか、、、

あんな短期間で色々と
うまく行きすぎ感はありますが、
そこは目を瞑るとして、、、


みんなそれぞれ心に傷を負っているのに、
仲間同士思いやったり
助け合ったりしているところが
あったかくて良かったです。


そして、わたしもなかなか自分の環境の
良いところが見えなくて、
いつも否定的にばっかり
考えてしまうんですよね。

なので、ボビーがクレイグに
「俺がお前だったら、、、」って言うところ、
そういう事にちゃんと気付けたら
本当に人生の価値観が変わるんだろうなー
ってしみじみ思いました。


本当に、ほっこりするいい映画でした!



posted by Nyankichi at 19:00| Comment(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

オーシャンズ12(Ocean's Tweleve)

今日は、

『オーシャンズ12』
(Ocean's Tweleve/2004年)



です。


またもや、シロウトのわたしは
それなりに面白く見てしまいました💦


ただ、やっぱり
ストーリーがムツカし過ぎる!!

前作よりかなり難しいかも・・・😖

何回も見直したり
解説ブログを見まくったりして
なんとか概ね理解したのですが、
完全に理解出来たかはビミョウ・・・

ちょっと詰め込み過ぎですよね💦
(わたしの頭だけ!?)


そして、冷静になってよくよく考えると、
盗んだお金を返す為のお金稼ぎって
ちょっとダサくない・・・!?


それに、”2作目が外国”って超ありがち!

「アムステルダム」って出た時、
思わず「出たー!!」って思っちゃいました💨


そして、トゥルアーとの対決については、
ベネディクトにバラした仕返しとは言え、
ダニー達は答えを知ってたわけだし、

しかもこっちは11人(あ、12人か)で
向こうは1人で卵盗んじゃうんだから
トゥルアーの方が勝ってる気が
しないでもないなと・・・

(あのレーザーのとこは、
完全に触れちゃってる感が
否めませんが💦)



それはそうとして、
今回もキャストが豪華ですね。

ジュリア・ロバーツは
違和感あったけど、
キャサリン・セタ・ジョーンズは
適役かなと。

あとは、ブルース・ウィルスの
カメオ出演とか。

でも、ブルース・ウィルスが出演する
”テスがジュリア・ロバーツのフリをする”シーンは、
きっとこの映画のメインパートのうちの1つ
なのでしょうが、
なんかいまいち面白くなかったなぁ。

最初は意図がよく分からなかったし・・・

本人なんだからそりゃ似てるだろ!
と突っ込みたくなりました。


面白かったのは、

ジョージ・クルーニーが
「50歳に見える」って言われて
ショック受けてたけど、、、

全然見える💨

当時43歳とかって事ですよね・・・
それは見えないわ!!


総合的な感想としては、
前作に比べて強盗の規模が小さくなって
若干物足りないかなーってことと、

捻られ過ぎてて難し過ぎ!ってことと、

アンディ・ガルシアの出番が少なくて
残念だったってことです!(笑)



posted by Nyankichi at 18:00| Comment(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

オーシャンズ11(Ocean's Eleven)

今日は、

『オーシャンズ11』
(Ocean's Eleven/2001年)



です。

こういういかにも商業的な映画は
あまり好きではなくて、
今まで何となく避けていたんですよね~

でも、無料だしどんなもんか
1回くらい見といてもいいかなと
試しに見てみました。(上から 笑)


結果、、、
悲しい事にそれなりに
楽しめちゃうんですよね〜(苦笑)

中途半端なつまらない映画よりは
よっぽど面白かったかも・・・


ただ、ムツカシイので
わたしの頭では1回見ただけじゃ
分からない事だらけ💦

そもそも、登場人物の名前が
覚えられない!!

1回見ただけじゃ、
名前も役割もちゃんと
覚えられませんでした・・・

複雑過ぎ!!!

映画館で見たら、
「???」のまま帰る事になってました(苦笑)


昔の映画のリメイクだから、
テーマは「金庫破り」という
超ありがちなネタなんですよね。


その分キャストを豪華にして
注目を惹きつけてるのが
ちょっとズルいかな。


特に、ジュリアロバーツに関しては
かなり違和感!
(しかも登場シーンの歩き方変だし!)

しかもギャラは20億!?

何となくしっくり来なかったし、
ヘタにあんな有名女優を使っちゃうと、
11メンバーの存在感を
持ってかれちゃう気が・・・


あと、面白いキャラ設定に
しようとしてるんだろうけど、
ブラピが食べてばっかりいるのが
ちょっとクドかったかな。

双子がやたらケンカしてるのも
ウザかったし、
(何か意図があったなら別ですが)

全然似てないし。

最初はオーウェン&ルーク・ウィルソンが
オファーを受けていたみたいですね。

そっちの方が全然良かったのにぃ💨


キャストに関して、個人的に
1番良かったのはアンディ・ガルシア!!

超カッコ良かったぁ〜💕
(おじさま大好き 笑)

ゴッドファーザーの時はそんなに
魅力を感じなかったけど、
年を重ねてシブさ最強ですね!!

有能で冷酷なカジノ経営者っていう
キャラクターがハマってました!

そんなキャラでの
「マタネ」
がかなり可愛かったです💕


ストーリー的には、
そんなうまく行くの!?と
思っちゃうところ多々ありですが、
あんまり細かいところは
突っ込んじゃダメですよね💨


なんだかんだ気になって
一気に12、13も見てしまったので、
次回書きたいと思います!
(結局ミーハー 笑)



posted by Nyankichi at 18:00| Comment(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

人生は最悪だ!(GREENBERG)

今日は、

『人生は最悪だ!』
(GREENBERG/2010年)


です。


これ、けっこう好きでした。

特に大きなことがあるわけじゃなく
淡々と描かれているのですが、
ジワジワ惹かれるものがあります。


精神病院から退院したばかりで
40歳になっても定職につかないロジャーが、
時代の変化についていけなかったり、
人付き合いがうまく出来なくて
葛藤してる感じが切ないです。


感情を抑えられなくてすぐキレちゃうけど、
少年のように純粋で可愛いところもあって、

バースデーケーキにはブチ切れてたのに
プレゼントの人形はちゃんと持ち帰るとか、

人の真似して無理してパーティーを開いちゃって、
全然楽しめずにややパニックっちゃってたり、

頑張って励まそうと、
「You are of value」って
聞いたばかりのセリフを
フローレンスに言ったりとか、

お腹空いてるだろうって
手術後にハンバーガー食べさせようとしたりとか、、

一生懸命なんだけど、
愛情表現とか努力の仕方が
不器用なところが微笑ましかったです。


地味に面白いところもあって、
プールで溺れそうになってたり、
獣医でフローレンスに聞きに行かせたり、
車に文句言ってダッシュで逃げたり、
病院に送ってあげるのがアイヴァンの車だったり、、

思わずフッて笑っちゃいました。


最後の留守電は、
本当にロジャーらしくていいですね。

フローレンスを励まそうとしてるんだけど、
自分の思ってる事とか感情が出てしまって
とりとめのない内容になっちゃって。

でもきっと、あれが包み隠さず話した
彼の本心なんでしょうね。


ラストは、最初は「え、ここで!?」
と思っちゃいましたが、
良い終わり方だったかも、
と後からジワジワ。

思わず、いろいろと想像しちゃいます。



ちなみに、良くなかったのは
この邦題ですね💦

「人生は最悪だ!」なんて、
(ピックリマークまでついてるし)
そんな単純な話じゃないのに、
軽々しいイメージになっちゃう😖

「Greenberg」って
ロジャーらしさを表してる感じがして
すごくいいタイトルだと思うので、
そのまま「グリーンバーグ」で良かったのに!



そして後から気付いたのですが、
ノア・バームバックが監督だったんですね。

「マーゴット・ウェディング」は
わたし的に全然ダメだったのですが(こちら)、
やっぱり描き方が似てますね。

こっちは全然好きでしたが。

”「イカとクジラ」を今度見てみようと思います”
って書いてましたね。

全然忘れてました💦

そのうち見てみます…(笑)


余談ですが、
監督の当時の奥さん(ジェニファー・ジェイソン・リー)と
未来の彼女(グレタ・ガーウィグ)の共演ていのも
見どころだったりして!?


それはさておき、
本当に後からジワジワと
「いい映画だなぁ」と感じる映画でした。


そして、
「Hurt people hurt people」
が心に残りました。



posted by Nyankichi at 18:00| Comment(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする