2017年10月02日

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(What We Do in the Shadows)

今日は、

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』
(What We Do in the Shadows/2014年)


です。


これ、ウケるー!!

”ヴァンパイアのシェアハウスに密着取材”って(笑)

しかも、あのゆるさ!


なのに、インタビューとかイラストとか
写真とか音楽を交えた、
欧米の本格的なドキュメンタリー仕立てに
しっかりなってるし(笑)


始まって間もなく、
いきなり家事分担を決める
ミーティングのシーンが笑えました!


笑えるシーンは盛りだくさんですね💨

好きだったのは、
3人の演奏シーンとか
ディーコンのセクシーダンス!

セクシーダンスは、
笑いを狙ってる感が強くて
最初はそうでもなかったのですが、
なんかヒツこくて結局最後は
ツボにはまってしまいました(笑)


そして、洋服チェック!

ヴァンパイアがあんなに格好を気にするのも
どうかと思いますが、あのイラスト!!(笑)

(後に、鏡には映らないけど
写真には写るんだという疑問が浮上 笑)


そして、Procession of shame(恥辱の行進)!

なんだあれ(笑)


あと、脇役のキャラがいい味出してましたね。

無口だけど、写真とかインタビューとかに
ちょいちょい出て来るピーターが
かなり好きでした!

あんな怖い見た目なのに、
ステュ―を食べないように言われて
ちゃんと納得してるし(笑)

最後は悲しい結果になってしまったけど・・・(涙)


あと、ストュが素人感満載で良かったです。

あんなに終始ゆるい感じだったのに、
狼人間になった時は若干イキイキちゃってるし(笑)

てゆうか、ストュはほんとにITの人だったんですね!
しかも日本に留学&働いてた事があるらしい!
こちら

あの素人感は、
演技じゃなくて素だったんですね(笑)


ちょっと残念だったのは、
メインの舞踏会でもっと盛り上がるような
笑えるシーンとかあったら良かったのになーと。

意表突かれる展開はあったけど・・・


ヴァンパイアなだけあって、
グロテスクなシーンけっこうもありましたね。

お昼休憩にご飯を食べながら観るのは
絶対お勧め出来ません!!
(経験談 笑)


これ、ニュージーランドの映画なんですね。

ニュージーランドの映画って
他にあまり浮かばないけど、
みんなこんな感じなのかな?
(なわけない? 笑)


ところで、
3人のインタビューを見たのですが、



ヴィアゴのキャラがすごく好きだったのに
本人は全然違うキャラでちょっとガッカリ〜
(そりゃそうか)

そして、ヴラドはワイルドで色気があったのに、
本人はなんかちょっと冴えない感じ・・・

ディーコンは割とそのままでしたね(笑)


いや〜、それにしても笑えました〜
続編出してくれないかな(笑)



posted by Nyankichi at 00:00| Comment(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

人生、サイコー!(Delivery Man)

今日は、

『人生、サイコー!』
(Delivery Man/2013年)


です。

これ、けっこう好きでした!

ただ、主役のヴィンス・ヴォーンが
そんなに好きではないのと、
他の俳優さんがわたし的にイマイチだったので、
全体的に違う配役だったら
きっともっと良かったんだろうなー
と思ってしまいました。。
(あくまでも個人的な趣味ですが💦)


見てから知ったのですが、
これは「人生、ブラボー!」(Starbuck/2011年)の
リメイク版なんですね。

「原作の方がいい」っていう
コメントが多かったので
早速原作も見てみました💨

確かに原作の方がしっくり来ますね〜

配役も違和感ないし、
リメイク版よりずっとリアル!

冒頭シーンはちょっと生々しいけど・・・💦


リメイク版とオリジナル版を
見比べた事ってあまりないのですが、
こんなにセリフもシーンも
ほぼ一緒なんですね。

大きな違いは、サッカーの場面が
バスケットボールに変えられていたところくらいで。

こんなにほぼ完コピにするなら、
リメイクする必要あるのかなー
ってちょっと思っちゃいました。

もっとオリジナリティが出るような
リメイクにすればいいのに。

と思ったら、監督は一緒なんですね。
という事は、完全にハリウッド仕様に
しただけって事か。


でも、リメイク版で付け足されていた、
ブレットが法廷で最後に言うセリフは
すごく良かったです。
(オリジナル版には無かったはず)

この映画で一番いいセリフかなって
思ったので、付け足されて良かったです。

あと、ブレットが子供たちの前で
弁護の練習をするシーン
(半ズボン(ブリーフ?)姿)とか、
パッツンパッツンのスーツも
好きでした(笑)

ちなみにブレット役のクリス・プラットは、
この役の為に60ポンド(約27kg)も
太ったそうです!

イケメンなはずなのに、
27kgも太るとイケメン感無くなるんですね〜(笑)


でも正直、体型だけ近づけても
オリジナルの役のダメダメ感が足りなくて
中途半端な印象だったので、
それだったら最初から思いっきり3枚目の
俳優さんにしちゃった方が
しっくり来た気がしました。


配役についてさらに言うと、
リメイク版のパパが何か
イメージ違うんですよね。

オリジナルの方はイメージ通りだけど、
リメイク版のパパはちょっとソフト過ぎちゃって
あんまりしっくり来なかったです。

もっとワイルドな感じの方が良かったなー

ところで、リメイク版のパパ役の俳優さんは、
66歳の若さでつい最近
亡くなってしまったみたいです・・・😞


でも、どちらの映画も
ストーリーが面白くて好きだし、
笑えるシーンが多かったので
良かったです!

好きだったのは、
スペイン語でゴマかすことか、
飛び込みのとことか、
子供たちの会合でみんな集まって
来ちゃうとことか、
”海パン男”と取引とか(笑)


最後はハッピーエンド過ぎる気もしましたが、
まぁそこは大目に見てもいいかな。

もし自分が、
693回も精子提供した男の
精子で出来た子供だって知ったら
ドン引きだけど、
子供の為にあんな風に
一生懸命頑張ってくれる人だったら
許せちゃうかもしれないですね。


posted by Nyankichi at 18:00| Comment(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

シャーロック 忌まわしき花嫁(The Abominable Bride)

今日は、

『シャーロック 忌まわしき花嫁』
(The Abominable Bride/2016年)




です。


最近、シャーロックのテレビシリーズに
はまって見まくっていました。


でもシーズン3まで見終えてしまい、
シーズン4がかなり見たかったのですが、
テレビ放映を逃し・・・(BS入ってないし😞)
仕方なく映画版を見ることに。

でも、動画配信では有料なんですよね⤵
しかも400円!

400円も払ってタブレットで見るなら、
DVDレンタルでテレビ画面で見た方がいいなと思い、
超久々にTSUTAYAでレンタルしちゃいました!


結果、、、

うーん、テレビシリーズよりは
面白くないんだろうなと予想はしてましたが、
予想以下でした〜💦


テレビシリーズの現代版とは完全に関係ない
ヴィクトリア朝時代の全く別のお話かと思いきや、
変な風に現代版と繋がってるし。。。

しかも、結局ヴィクトリア朝時代のお話は、
現代のシャーロックのドラッグ摂取による幻覚
っていう変な設定で、
現代とヴィクトリア朝時代を
行ったり来たりしちゃってるから、
話がワケ分かんない事に💦


そんな設定が原因で
リコレッティ夫人の事件に変な風に
モリアーティが出て来ちゃうから
余計混乱💦

これじゃあ、テレビシリーズ見てない人は
「???」ですよね!

見てても「???」だったけど。

いまいちスッキリ理解出来ずに
終わりました。。。


モリアーティ好きなので、
モリアーティはもっと面白い設定に
して欲しかったぁー


あとどうでもいい事ですが、
リコレッティ夫人の幽霊が登場する時の
「お化けだぞー!」みたいなポーズが
ダサ過ぎてちょっとどうかと・・・


ちなみにこの映画で好きだったところは、

モーリーの男装が可愛かったのと、
手話のシーンがちょっと笑えたところ
くらいですかね。



ちなみにわたしのお気に入りは
レストレードなのですが、
レストレードは個人的に現代版の方が
渋くて好きかな〜💕

あと、シャーロックの髪型も
現代版の方が好きです!
(どうでもいい 笑)


そして関係ない話ですが、
ジョン役のマーティン・フリーマンより
レストレード役のルパート・グレイヴスが
8歳も年上というのがビックリ!!

同じくらい、もしくはマーティンの方が
老けて見える・・・😵


あと、メアリー役のアマンダ・アビントンは、
こっちの雰囲気の方が似合ってますね。

ドラマシリーズの方は「おばちゃん」て感じで
見た目いまいちだけど(あくまで個人的な感想)
なんだかこっちは可愛く見えます。


そして、マイクロフトを何であんな太らせたの??
と思ったら、原作は太ってるんですね。

それなら納得かな。


そして完全に余談ですが
(余談多くてすみません💦)、
ベネディクト・カンバーバッチって
わたしの中では「ZOOLANDER 2」(こちら)の
”ALL”のイメージが強くて
ちょっとキョーレツだったのですが、
これを見てからだいぶイメージ変わりました(笑)


というわけで、この映画は
完全にテレビシリーズのおまけ版て感じなので、
これを映画館で放映ってちょっと無いな〜
って感じです。
(すごい安いとかならいいけど)


シーズン4を見るまでの
寂しさを埋めるという意味では
まぁ良かったですが、
作品としてはビミョーでした!

うーん、それにしても
早くシーズン4が見たいぃー!!

11月なんて待ちきれないぃー!!





posted by Nyankichi at 18:00| Comment(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

フランシス・ハ(Frances Ha)

今日は、

『フランシス・ハ』
(Frances Ha/2012年)


です。


「Greenberg」のノア・バームバック監督
つながりで見ました。

「イカとクジラ」は配信されてなかったので、
とりあえずこちらから。。。


悪くなかったけど、
特に好きってわけではなかったかなー。


わたし的に、白黒がいまいち
しっくり来なかったんですよね。。

思いっきりスマホとかパソコン使ってるのに
白黒映像って、
時代のギャップを感じてしまって
何となく違和感が。。。

わざとノスタルジックな印象を
抱かせようとしてる感が見え見えで、
すんなり受け入れられなかったです。
(ひねくれてる 笑)


あと、監督のインタビューでは(こちら
ソフィー役のミッキー・サムナーは
グレタと親密さが出てたって言ってたけど、
わたし的には伝わってこなくて。。


「Ahoy sexy!」っていうのも、
一緒に住んで毎日会ってるのに
外で会う時あんなに叫んで
激しく抱き合うって、
大げさすぎて逆に違和感。
(ひねくれてる 笑)


ちなみに彼女、
スティングの娘なんですねー


そして、フランシスの両親が
ほんとの両親ていうのは面白かったです。


ちなみに音楽は良かったです。

最近デヴィッド・ボウイを
ヘビーローテーションで聴いていたので、
流れて来た時は「お!」と思いました。


あと、変にドロドロした恋愛が
なかったのも良かったです。


同じくらいの年齢の時に見たら
きっともっと共感出来たんだろうな。

30歳を目前に
うまく社会の波に乗り切れない
モヤモヤ感がとても伝わってきます。

(40歳の今でも社会の波に乗り切れなくて
モヤモヤしてるけど 笑)

お金無いのに思い切って決めたのに、
何もかも擦れ違いでうまく行かなかったパリ旅行に
見事に象徴されてますね。


ところで、、、
「モダンダンス」っていうのが
全然分からなくて
完全にシロウト目線ですが、、、

フランシスのダンスの上手さが分からず、
あれくらいわたしでも出来る!
と思っちゃいました💦

ああいうものなのかな・・・??


そして肝心のタイトル。

これは良かったです!
最後に理由が分かってスッキリ!

今はまだ「ハ」だけど、
これからどんどん成長して
立派に「ハラデイ」になってもらいたいですね。


posted by Nyankichi at 19:00| Comment(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

なんだかおかしな物語(It's Kind of a Funny Story)

今日は、

『なんだかおかしな物語』
(It's Kind of a Funny Story/2010年)




です。

これ、良かったです!!


精神科病棟が舞台の話というので
暗くて重いのかなーと思ったら、
笑いもあるし、ほんわかもするし、
前向きにもなれるし、
全然思っていたのと違いました!


ザック・ガリフィアナキスは、
ジャック・ブラックとカブってしまって
わたし的にイマイチだったのですが、
今回は役にすごくハマってて良かったです!

最初出て来た時、
「医者役!?何か違和感!!」と思ったら、
違いました(笑)

あと、ノエルを誘う練習のところは
思わず笑ってしまいました(笑)

しかも、練習内容全然生かせてなかったし(笑)

あの寝グセ具合と言い、
可愛くて憎めないキャラですね。


気になったのは、娘が可愛いすぎ!



自殺願望のある子が
たった5日間で前向きになれちゃうとか、
患者にちょうど良くあんな可愛い
同世代の女の子がいて
付き合っちゃうとか、
絶対部屋を出なかった人が
部屋を出てきてノリノリで踊っちゃうとか、、、

あんな短期間で色々と
うまく行きすぎ感はありますが、
そこは目を瞑るとして、、、


みんなそれぞれ心に傷を負っているのに、
仲間同士思いやったり
助け合ったりしているところが
あったかくて良かったです。


そして、わたしもなかなか自分の環境の
良いところが見えなくて、
いつも否定的にばっかり
考えてしまうんですよね。

なので、ボビーがクレイグに
「俺がお前だったら、、、」って言うところ、
そういう事にちゃんと気付けたら
本当に人生の価値観が変わるんだろうなー
ってしみじみ思いました。


本当に、ほっこりするいい映画でした!



posted by Nyankichi at 19:00| Comment(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする