2017年04月12日

21世紀青年(IDIOCRACY)

今日は、

『21世紀青年』
(IDIOCRACY/2006年)


です。

これ、けっこう好きでした☆

未来に行く映画は色々あるけど、
こんなバカな世界になってるなんて
新しい発想!(笑)

しかもスターバックスが風俗店て・・・💦


ルーク・ウィルソンが
”アベレージ”男のイメージピッタリで
いい味出してましたね♪

でも若干、ジョーは”アベレージ”というよりは
それ以下のような気もしたけど・・・(笑)

あんな怪しい人体実験を
気軽に受けちゃうのもどうかと思うし、
「画家」だって最後まで疑わないし、
色々とツッコミどころ満載(笑)


もう設定全部がギャグという感じですが、
思わず笑ってしまったとこは、、、

IQテストのレベルの低さに、
フリートがまさかの弁護士!
しかもちゃんとロースクールに通ってたという。
(コストコ内の 笑)

そして、「ノット・シュア」とか
(大統領になってもそのまま 笑)、
”UN”を「アン」て言ってたり、
リタの絵のグダグダさ加減などなど(笑)

爆笑とまではいきませんが、
ちょこちょこ思わず「フッ」と
笑ってしまいました💨


キャストに関しては、”ビーフ・スプリーム”が
ルーク・ウィルソンの実のお兄ちゃんの
アンドリュー・ウィルソンていうのがいいですね。

余談ですが、
ルーク・ウィルソンだけお兄ちゃんたちと
似てないよなーっていつも思ってしまいます。

でも、この3兄弟ではルークが一番好きです♪
あの話し方がなんか好きなんですよね〜

それにしても、こんなイケメン3兄弟て!


あと、リタは最初「これがヒロイン!?」
って思っちゃいましたが、
最後の方には可愛く見えてきました(笑)

最後いきなり結婚しちゃってるし、
恋愛シーンがほとんど無かったのも
良かったですね。
(このストーリーで恋愛ネタは
シラケそう!)


ちょっと物足りなかったのは、
ジョーが作物以外にも
問題を改善するところが
見たかったなーと。

あと、IDの写真がちょっと中途半端…
もっと面白い顔でもよかったのにー。


そして、一番残念だったのは邦題!
原題のニュアンスゼロでビミョー過ぎ!!😞

変に捻らないで欲しいなぁ〜


それはさておき、見終わって感じたのは、、

下ネタ豊富でおバカな映画ですが、
ちょっと考えさせられちゃいました。

「未来は色んなものが進化して
何でも出来ちゃう世界になってるはず!」
と思いがちですが、
パソコンとかスマホ頼りの生活で
超簡単な漢字でさえ書けなくなってる
わたしの頭脳レベルを考えると、
あながちあの未来も無くはないのかなと
不安になったりして・・・💦

大統領の言うとおり、
もっと本を読まなきゃいけないですね💨



posted by Nyankichi at 21:00| Comment(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

クローンズ(Multiplicity)

今日は、

『クローンズ』(Multiplicity/1996年)




です。


主役はマイケル・キートン!


マイケル・キートンと言えば、
大好きな「The Other Guys」(こちら)の
お気に入りキャラです💕


大好きなのですが、、、

脇役だとかなりいい味出してたのに、
主役となるとちょっと見劣りしちゃうかも…💦


あ、でもバットマンだったんですよね!😵


リアクションがやたら大きかったり
演技がちょっと古臭かったりして
最初のうちは見ててちょっと
疲れちゃいましたが、、、


見てるうちにだんだんクセになりました(笑)


しかも、しまいにはクドさ4倍!!(笑)


全体的に、いかにもB級
という感じなのがいいですね。

でも、いかにも合成って感じも無く、
思いのほか自然だったのもよかったです。


最初は、「クローン達が反発して、
色んな悪だくみをして最後は波乱の展開に…」

ってなるのかなと思っていたのですが、
意外にクローン達がみんな協力的だったのが
ほんわかしました💕


悪役の?1号でさえ、
ルールNo.1をちゃんと守ろうとして
頑張ってたし(笑)

4号は相当ヤバかったけど、
憎めないやつですね。

「スティーブ」って(笑)


そして、奥さん役の
アンディ・マクダウェルが綺麗でした!
(髪型がちょっと微妙だったけど・・・)



費用は結局どうだったのかな
っていうのと(3回分も)、

先生が最初しか登場しないのが
何となく不思議だったり、

ダグのIDを偽造しても
病院とか税金とかあるし
バレちゃうよなーとか、

気になるところは多々ありましたが、、、

細かいことは気にしちゃダメですよね(笑)


仕事が忙しくて家の事なんてノータッチ!
というパパさんにお勧めの映画ですね♪



posted by Nyankichi at 20:00| Comment(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

パパVS新しいパパ(Daddy's Home)

今日は、

『パパVS新しいパパ』
(Daddy's Home/2015年)


です。


これは、公開前からすっごく
楽しみにしていた映画です。


大好きな「The Other Guys」の
コンビ復活だし、
実父と継父の対立っていう設定も
面白そう!!

と、すっごく楽しみにしていたのですが、、、

いざ見てみたら、ガッカリ・・・⤵⤵


いまいち過ぎるーーー💨💨💨


笑いを狙ってるんだろうなってとこは
ちょこちょこあるのですが
いまいち面白くないし、
ストーリーもこれと言って
ヒネりも無いし・・・

The Other Guysは、
ギャグがいちいち面白かった上に
ストーリーも良く出来てたのにぃぃ😞


冒頭の、子供とのやり取りのシーンが
一番面白かったかも。
そこで笑いは終了!って感じです💦


バイクのシーンとか
スケートボードのシーンとか、
病院のシーンとか
どれもいまいち面白くないし💧

ボールを当てちゃうとか、
人種差別ネタとかに至っては
全然笑えないし💧💧


あ、でも、上司が変な身の上話を
会議中にしてたのと、
グリフがまだ部屋にいたとこは
ちょっと笑ってしまいましたが。
(その後がひつこい 笑)

あと、「Squidward tie」
(スクイッドワード柄のネクタイ)
もちょっと面白かった。


ストーリー的にも、
冒頭では子供たちはあんなに
ブラッドの事を嫌ってたのに、
次のシーンではいきなり
好意的になっちゃってるとか、

ダスティはあんなに頑張ってたのに
諦めるのあまりにもあっさりってとことか、

違和感感じちゃいました。


あと、どっちつかずなサラにも
イライラ・・・


でも、最後のダンスシーンは
なんかほんわかしてて良かったです💕
何回も見ちゃいました!


ちなみに今度
シリーズ2作目が出来るらしいですね。

うーん、あまり期待出来なそう。。。

だったらThe Other Guys2
を作って欲しかったなー
(ひつこい)



posted by Nyankichi at 19:00| Comment(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

エグザム(EXAM)

今日は、

『エグザム(EXAM/2009年)』



です。


これは、得意分野外なのでサクっと(笑)


あまり怖くないミステリーが
ムショーに見たくなって、
検索したらこれが出て来たので見てみました。


『8人の受験者が大企業の最終就職試験に挑むが、
配られた問題用紙は白紙。
1つの合格枠を巡って頭脳線が繰り広げられる』

っていうシンプルなテーマなのですが、、、


予想以上に激しい戦いになってるー💦

単に知恵を出し合ってればいいのに、
しまいには殺し合いとか・・・

銃まで出て来ちゃうし・・・

正直そんな展開求めてなかったー


『ホワイト』ウザ過ぎ!!

『ブラウン』もやり過ぎ!!

そこまでして入社したいのか・・・??


ストーリー的には、
アメリカでよくある
「候補者が毎週1人ずつ脱落してって
最後に残った1人がミリオンダラー」
っていうリアリティーショーみたいな
感じですかね。

特に「The Apprentice」!
(勝者はドナルド・トランプに雇われる)


ところで見ていて
ふと疑問に思った事がいくつか・・・

紙が半分以上残ってても
燃やしちゃうのはダメだったけど、
がっつり濡れちゃうのはいいんだー
っていうのと、

つま先だけ残ってれば
出た事にならないんだー
っていうのと、

あの問題なら、
結局問題書かれてなくても良くない??

っていう事。


オチは意外と言えば意外でしたが、

「へー」

って程度で、そこまで「ビックリ!!」
って感じでもなかったです。



どうでもいい話ですが、、、

一番ビックリしたのは、

冒頭で受験者の名前と顔が
チラッと出て来る場面で、

「この人が合格!」

って直感的に思った人が、
なんと合格したんです!!

あたしスゴ過ぎ!!!!


というわけで、
こういう頭脳系?スリリング系?も
たまにはいいかな、という感じでした。



posted by Nyankichi at 19:00| Comment(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

ゴッドファーザー パートTUV(God Father)

すっかり久しぶりになってしまい、
いつの間にか年が明けてしまいました💦


相変わらずかなりマイペースな更新になりそうですが、
引き続き映画について綴っていきたいと思いますので
お付き合い頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします🐱


ところで、お正月休みは「ゴッドファーザー」とか
「エルフ」(こちら)を見たりしてました。

(両極端 笑)


というわけで、今日は「ゴッドファーザー」について
語りたいと思うのですが、、、

これはわたしがあまり深く語れるような映画ではないので、
かるーく行きたいと思います。

ご了承ください💦


    



とりあえずの感想は、、

「長い!」ってとこでしょうか(笑)


あまり動きなくダラダラ進んでるところは
ちょっと飽きちゃいました…💦


しかも必ず演奏とかダンスとか歌のシーンがあるし。
(思わず飛ばしてしまった💦)


そして次の感想は、

「マフィアって家族愛強い!」

ですかね。


マフィアなんて家族でも
血も涙も無いのかと思ってましたが、
あんなに家族愛が強いなんて!

けっこうビックリでした。

マイコ―は彼女いるのに他で結婚しちゃって
相手が死んじゃうなりあっさり元さやに戻ったり、
お兄ちゃん殺しちゃったりしてたけど、
最後は泣いて謝ってたし。


なんだか、マフィアのイメージが変わりました。

(現実のマフィアはどうなのか分かりませんが 笑)



少し残念だったのは、
Part Vのアル・パチーノが
いまいち貫禄が無かった事かなぁ。

パパの方はもっと存在感あったのに。

(比べちゃダメ!?)


あと、ちょっとどうでもいい事ですが、、

アル・パチーノの声がPart Vで
急にガラガラ声になってて
ちょっとビックリしました。


あと残念だったのは、
マイコ―の最後がちょっとあっさりし過ぎた事かなぁ。

その前の展開までは、けっこうドラマチックだったのに。

(ありがちと言えばありがちだけど)


1回見ただけだと、
ライバルマフィアとか登場人物多くて
全然名前覚えられなかったり、
バチカンとか政治家とか色々な背景があって、
その関係性が難しくて
なかなか理解出来ないですね💦


現実に起きていた事件もあるみたいだし、
ちゃんとそういうのが分かれば
もっと全然面白いんだろうなーと思いつつ、
もう1回見るエネルギーが無くて
断念しました(笑)


ちなみにわたし的に、
見ていて一番面白かったのはキャストです!


昔の顔と今の顔が全然一致しなくて、
後から気付いて「エー!?」って
なる事が多々ありました。


特にロバート・デ・ニーロと
ジェームズ・カーン!


ロバート・デ・ニーロは、
PartUに出ている事は思いっきり分かっていたのに
しばらくどれがデニーロか全然分からず、
「いつになったら出て来るんだろう」と思って
キャスト欄をチェックして
「エー!!」ってなりました。

最初から出てた(笑)


なんだか今と全然顔つきが違いますよねー

昔は昔でカッコいいけど、
やっぱり今の方が味があっていいかな。


そしてジェームズ・カーン。

レビューを見ていて「ジェームズ・カーン」の名前を見付け、
「え?出てた!?誰役だった??」と
急いでチェックしてみたら、まさかのソニー!


たまたまちょうど同じころに「エルフ」も見ていたので、

「ウォルターお父さん、ソニーだったのー!?」

と超ビックリしてしまいました!!


あとはソフィア・コッポラもビックリでしたね。

冴えない女優さんだなーとか思ってたら、
監督の娘でしかも「ロスト・イン・トランスレーション」(こちら)の監督!


映画好きの人にとったら当たり前なのでしょうが、
あんまり詳しくないわたしにとっては
驚きが多かったです!



そんなわけで、全体的な感想としては、
やっぱり名作だけあってシリーズ全部が面白かったです。

(ちゃんと分かってないくせに 笑)


最初は、マフィアものなんてやたら殺し合ったり
女の人はべらすシーンばっかりなんだろなとか思ったけど、
全然そんな事なくて
もっとちゃんと深いドラマがあったので、
マフィアものとか好きじゃなくても
見る価値はあるなと思いました。

昔の名作はやっぱり見ておくべきですね。


posted by Nyankichi at 22:00| Comment(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする